2004年01月  消費税総額表示義務付けへ向けガイドライン作成



 消費税総額表示義務付けへ向けガイドライン作成
 
    一般消費者への価格表示に関して、消費税を含めた総額表示が4月から義務付けられる。給油所店頭の価格看板、セールスルーム内の料金表などが対象になる。ただ、財務省は複数の表示類型を示しており、このままでは給油所によって異なる表示スタイルが現れ、ドライバーに混乱を生じさせる可能性があること、また、すべてのPOSを改修し、総額表示に切り替えることが困難なことから、全石連では石油連盟と共同で、給油所における「消費税総額表示ガイドライン」を策定した。
  同ガイドラインでは、店頭看板や価格表示機能付きの計量機の表示は円単位の整数で行うこと、「消費税込み」や「税込み」などの表示は行わないこととしており、表示方法を強制しないことを条件に公正取引委員会の了解を得たもの。全石連では今後、講習会などあらゆる機会を通じ、端数処理の特例などを含めて周知していく方針。(写真は消費者向けのPRチラシ)