2004年02月  ガソリンシェアに変動



 ガソリンシェアに変動
 
    元売別の2003年販売実績によると、給油所関連油種では昭和シェル、太陽、三井が好調な実績を残した。昭和シェルはガソリンと灯油で出光をしのいでシェア3位に、太陽はキグナスをガソリンで上回るとともに、三井は九石をガソリンと灯油で上回るなど、シェア順位が変動した。
 油種別では、ガソリンは上記3社の好調さに対し、民族系の上位元売の苦戦が目立った。ジャパンエナジーは唯一販売減となりシェアを大きく落とし、新日石も過去最低のシェア、コスモも相対的にシェアを低下させた。一方、シェア4位となった出光は平均的な数字を残した。
 灯油ではキグナスと昭和シェルが好調でコスモとジャパンエナジーが不振、軽油は太陽と三井が好調となった。燃料油計ではC重油の販売好調に支えられて全社が販売増を記録した。
 過去5年間のガソリン販売量の推移(別表)を見てみると、全体量が10%増となったのに対し、キグナスと九石を含めた下位4社が軒並み好調で、上位元売では昭和シェルの独壇場となった。同社の5年間の純増分は約168万キロリットルとなり、太陽以下の下位元売の全量を上回る。

ガソリン販売実績の推移(千キロリットル)
    販売量 1998=100
新日石 1998年 13,492 100.0
2002年 13,773 102.1
2003年 13,975 103.6
エクソンモービル 1998年 11,546 100.0
2002年 11,485 99.5(109.1)
2003年 11,804 102.2(113.4)
出 光 1998年 7,986 100.0
2002年 8,331 104.3
2003年 8,571 107.3
昭和シェル 1998年 6,938 100.0
2002年 7,992 115.2
2003年 8,614 124.2
コスモ 1998年 6,358 100.0
2002年 6,765 106.4
2003年 6,773 106.5
ジャパンエナジー 1998年 5,936 100.0
2002年 6,276 105.7
2003年 6,237 105.1
キグナス 1998年 1,211 100.0
2002年 1,405 116.0
2003年 1,442 119.1
太 陽 1998年 1,160 100.0
2002年 1,387 119.6
2003年 1,493 128.7
九 石 1998年 919 100.0
2002年 1,152 125.4
2003年 1,191 129.6
三 井 2002年 1,115 100.0
2003年 1,289 115.6
その他 1998年 49 100.0
2002年 127 259.2
2003年 72 146.9
合 計 1998年 5,560 100.0
2002年 5,981 107.6
2003年 6,146 110.5
*エクソンモービルのカッコ内は三井込み